主たる研究業績

*全業績は以下のWEBページをご覧ください。
・野呂文行:http://www.trios.tsukuba.ac.jp/researcher/0000001502
・佐々木銀河:http://www.trios.tsukuba.ac.jp/researcher/0000003864

学術論文

【2020】

  • 小川真穂・朝岡寛史・馬場千歳・澤田竜馬・野呂文行(2020)自閉スペクトラム症児の集団遊びにおける適切行動の増加が感情の自己制御に及ぼす効果の検討. 自閉症スペクトラム研究
  • Asaoka, H., Fujiwara, A., & Noro, F. (2020). Training conditions for establishing visual level 2 perspective-taking in children with autism spectrum disorder. Psychology. 11(6), 908-935.
  • Asaoka, H. & Noro, F. (2020). Effects of self-monitoring of antecedents and consequences on the mother of an adolescent child exhibiting behavior problems. Child & Family Behavior Therapy. 42(3), 186-205.
  • Kamiyama, T. & Noro, F. (2020). Effectiveness of a tiered model of a family-centered parent training for the families of children with autism spectrum disorder. Journal of Special Educational Research, 8(2), 41-52,
  • 馬場千歳・龔麗媛・野呂文行(2020)強化子の量と強化子の違いが自閉スペクトラム症児の選択に及ぼす影響. 障害科学研究, 44, 47-54.

【2019】

  • 佐々木銀河・岡崎慎治・野呂文行・竹田一則 (2019) 筑波大学発達障害学生支援 (RADD) プロジェクトの取組: 階層的支援モデルによる修学支援 (特集 大学における発達障害者支援の展開: 最前線の現場から). LD 研究= Japanese journal of learning disabilities, 28(4), 419-425.
  • 青木康彦・野呂文行 (2019) ロシア語を第一言語とする軽度知的能力障害が疑われる幼児への日本語指導の予備的検討: 刺激等価性の枠組みを適用して. 自閉症スペクトラム研究= The Japanese journal of autistic spectrum, 17(1), 5-13.
  • 青木康彦・龔麗媛・野呂文行 (2019) 自閉スペクトラム症児における条件性強化子の成立に関する現状と課題. 行動分析学研究= Japanese journal of behavior analysis, 34(1), 87-102.
  • 永冨大舗・上村裕章・野呂文行 (2019) 自閉スペクトラム症児の課題従事行動と書字の正確性に及ぼすセルフモニタリングの効果. 行動分析学研究= Japanese journal of behavior analysis, 34(1), 34-44.
  • 青木康彦・河南佐和呼・丸瀬里菜・藤本夏美・馬場千歳・野呂文行 (2019) 知的能力障害を伴う ASD 児に対するボードを使用したドッジボール指導の効果. LD 研究= Japanese journal of learning disabilities, 28(2), 273-282.
  • 青木康彦・丸瀬里菜・河南佐和呼・金晶・馬場千歳・藤本夏美・伊薇琳・松尾祐希・野呂文行 (2019) ASD 児におけるボードゲーム指導によるキックベースのルール理解への効果. LD 研究= Japanese journal of learning disabilities, 28(2), 249-261.
  • 青木康彦・野呂文行 (2019) 自閉スペクトラム症児における強化子として自己刺激性強化子を産出する玩具を使用した随伴ペアリングの予備的検討ー称賛の条件性強化子成立を通してー. 障害科学研究, 43(1), 25-32.
  • 青木康彦・野呂文行 (2019) ペアリング技法を適用した始発型共同注意場面における視線移動指導の予備的検討. 自閉症スペクトラム研究, 16(2), 17-23.
  • Asaoka, H., Takahashi, T., Chen, J., Fujiwara, A., Watanabe, M., & Noro, F. (2019). Difficulties in spontaneously performing level 2 perspective-taking skills in children with autism spectrum disorder. Advances in Autism, 5(4), 243-254
  • 臼井潤記・佐々木銀河・野呂文行 (2019) 重度知的障害を伴う自閉スペクトラム症幼児に対する選択行動支援―介入方法を示唆するアセスメントの開発―. 特殊教育学研究, 57(1), 25-35.

【2018】

  • 佐々木銀河・田原敬・ 五味洋一・ 青木真純・ 宮内久絵・ 岡崎慎治・野呂文行・竹田一則  (2018) オーストラリアの大学における固有の必要条件の調査―障害学生に対する合理的配慮の提供プロセスの明確化に向けて―. 特殊教育学研究, 56(3), 157-168.
  • 松田奈々恵・佐野と喜ゑ・星茂行・加藤憲司・海津亜希子・野呂 文行 (2018) 小学1年生に対する多層指導モデルMIMを用いた1stステージ指導の有効性. LD研究 = Japanese journal of learning disabilities, 27(3), 278-289.
  • 永冨大舗・野呂 文行 (2018) 家庭学習場面で宿題の取り組みに困難のある男児に対するセルフモニタリングの効果. LD研究 = Japanese journal of learning disabilities, 27(2), 213-223.
  • 平野 礼子・佐々木 銀河・野呂 文行 (2018) 自閉スペクトラム症幼児における物の名称理解の獲得:音声ー動作ー絵カードの刺激間関係の学習. 特殊教育学研究, 56(1), 1-9.
  • Fujiwara, A. & Sonoyama, S. (2018) The effects of selection and intervention in social play based on an ecological assessment of a child with autism spectrum disorder at a kindergarten. Journal of Special Education Research, 7(1), 47-56.
  • Shimoyama, M., Iwasa, K., & Sonoyama, S. (2018) The prevalence of mental health problems in adults with intellectual disabilities in Japan, associated factors and mental health service use. Journal of Intellectual Disability Research, 62(11), 931-940.
  • Sato, K. & Sonoyama, S. (2018) Implementing a song as a reward for transition from free-play time to a group activity. Music Therapy Today, 14(1), 38-50.
  • Morin, K. L., Ganz, J. B., Gregori, E. V., Foster, M. J., Gerow, S. L., Genç-Tosun, D., & Hong, E. R. (2018) A systematic quality review of high-tech AAC interventions as an evidence-based practice. Augmentative and Alternative Communication, 34(2), 104-117.
  • 奥村真衣子・園山繁樹 (2018) 選択性緘黙のある児童生徒の学校場面における困難状況の理解と教師やクラスメイトに求められる対応―経験者への質問紙調査から―. 障害科学研究, 42(1), 91-103.
  • 岩本佳世・野呂文行・園山繁樹 (2018) 自閉スペクトラム症児童が在籍する小学校通常学級の朝の準備場面における相互依存型集団随伴性に基づく支援の効果. 障害科学研究, 42(1), 1-15.
  • 真名瀬陽平・藤原あや・朝岡寛史・野呂文行 (2018) 減算において自動化への移行に困難を抱える自閉スペクトラム症児へのCover-Copy-Compare手続きの効果の検討. 障害科学研究, 42, 81-90.
  • 趙成河・園山繁樹 (2018) 選択性緘黙の有病率に関する文献的検討. 障害科学研究 42(1), 227-236.
  • 岩本佳世・野呂文行 (2018) 通常学級における学級全体への支援と個別支援の組合せ-発達障害・知的障害児童を含む学級全児童の学習準備行動への効果-. 行動分析学研究, 32(2), 138-152.
  • Hong, E. R., Kawaminami, S., Neely, L., Morin, K., Davis, J. L., & Gong, L. Y. (2018) Tablet-based interventions for individuals with ASD: Evidence of generalization and maintenance effects. Research in developmental disabilities, 79, 130-141.
  • 松下浩之・左藤久美・趙成河・奥村真衣子・酒井貴庸・下山真衣・園山繁樹 (2018) カナダにおける選択性緘黙に対する治療アプローチーMcMaster Children’s Hospitalの視察を通してー. 山梨障害児教育学研究紀要, 106-129.
  • 藤原あや・園山繁樹 (2018) 認定こども園における自閉症スペクトラム児に対する社会的遊びの支援-遊びの選定方法と支援の効果の検討-. 自閉症スペクトラム研究, 15(2), 25-35.
  • 趙成河・園山繁樹 (2018) 自閉症スペクトラム児の偏食に対する食物同時提示法の適用. 自閉症スペクトラム研究, 15(2), 37-50.

【2017】

  • Cho, S. & Sonoyama. S. (2017) Parent-implemented liquid fading to establish milk consumption in a child with autism spectrum disorder. Journal of Special Education Research, 6(1), 45-53.
  • Cho, S., Noor, N. H. B. M., & Sonoyama, S. (2017) A review of activity schedules for individuals with autism spectrum disorder. Journal of Special Education Research, 5(2), 65-76.
  • 園山繁樹・趙成河(2017)わが国における特別支援教育の展開-学校基本調査結果に基づく量的分析-. 人間と文化, 1(1), 117-124.
  • 園山繁樹・藤原あや(2017)幼児期のインクルーシブ教育・保育に関する一考察-「幼稚園教育要領」と「保育所保育指針」記載事項の変遷を中心に-. 人間と文化, 1(1), 221-226.
  • 園山繁樹(2017)選択性緘黙を示す小学生の担任、母親および特別支援教育 コーディネーターへのコンサルテーション. 障害科学研究, 41(1), 195-208.
  • 園山繁樹・趙成河・倉光晃子(2017)特別支援学校の不登校に関する予備的検討. 障害科学研究, 41(1), 173-182.
  • 河南佐和呼・野呂文行(2017)知的障害のある自閉スペクトラム症児における自己動作の報告の促進-質問応答が報告の正確性に及ぼす影響-. 法と心理, 17(1), 32-46.
  • Tanji, T. & Noro, F. (2017) Emergent anagram and vocal spelling via stimulus equivalence in Japanese children with intellectual disabilities. Journal of Special Educational Research, 6(1), 33-43.
  • Sasaki, G. & Noro, F. (2017) Promoting verbal reports and action plans by staff during monthly meetings in a Japanese residential home. Behavioral Interventions, 32(4), 445-452.
  • 半田健・平嶋みちる・野呂文行(2017)行動問題を示す発達障害児童の特別支援学級担任を対象とした行動コンサルテーション-望ましい行動に対する行動契約の効果-. 障害科学研究, 41(1), 183-194.
  • 村田純一・朝岡寛史・真名瀬陽平・野呂文行(2017)自閉症スペクトラム児におけるスクリプト及びスクリプト・フェイディング手続きを用いた社会的発話の指導. 自閉症スペクトラム研究, 14(2), 45-51.
  • 前田久美子・佐々木銀河・朝岡寛史・野呂文行(2017)行動問題を示す自閉スペクトラム症児の母親に対する行動記録を用いたコンサルテーション-効果的な記録様式と変容過程の分析-. 特殊教育学研究, 55(2), 95-104.
  • Sasaki, G. & Noro, F. (2017) A plan, do, check, act cycle of support for children in residential care: A staff management intervention. Journal of Special Education Research, 6(1), 11-23.
  • 平野礼子・佐々木銀河・野呂文行(2017)知的障害を伴う自閉スペクトラム症児に対する物の名称理解に及ぼす動作対提示の効果. 行動分析学研究, 32(1), 36-50.
  • 佐々木銀河・青木真純・五味洋一・野呂文行(2017)自閉スペクトラム症のある大学生における自主学習の促進:行動契約法を用いた学習に対する動機づけの向上. 障害科学研究, 41(1), 221-230.
  • 大石智子・佐々木銀河・野呂文行(2017)自閉スペクトラム症幼児におけるモーラに応じた音声模倣および命名の獲得:モーラリズムタッピング手続きによる指導効果の検討. 障害科学研究, 41(1), 81-90.
  • Hong, E.R., Gong, L. Y., Ninci, J., Morin, K., Davis, J. L., Kawaminami, S., Shi, Y. & Noro, F. (2017). A meta-analysis of single-case research on the use of tablet-mediated interventions for persons with ASD. Research in Developmental Disabilities, 70, 198-214.
  • Hong, E. R., Davis, J. L., Neely, L., Ganz, J. B., Morin, K., Ninci, J., & Boles, M. B. (2017). Functional living skills and adolescents and adults with autism spectrum disorder: A meta-analysis. Education and Training in Autism and Developmental Disabilities, 52(3), 268.
  • Neely, L., Rispoli, M., Gerow, S., Hong, E. R., & Hagan-Burke, S. (2017). Fidelity outcomes for autism-focused interventionists coached via telepractice: A systematic literature review. Journal of Developmental and Physical Disabilities, 29(6), 849-874.

【2016】

  • Handa, K., & Noro, F. (2016). Effects of self-monitoring package to improve social skill of students with autism spectrum disorders in Japanese regular classrooms. Journal of Special Education Research, 5(1), 1-10.
  • 飯島啓太・高浜浩二・野呂文行(2016)自閉症スペクトラム障害のある児童生徒の漢字の書字学習における既学習課題挿入手続きの効果. 障害科学研究, 40(1), 209-222.
  • 龔麗媛・河南佐和呼・真名瀬陽平・野呂文行(2016)自閉スペクトラム症児における状況に応じた感情語の選択指導. 障害科学研究, 40, 199-207.
  • 前田久美子・佐々木銀河・野呂文行(2016)知的障害を伴う自閉スペクトラム症児に対する選択肢のある要求行動の形成とQOLの評価. 障害科学研究, 40, 185-197.
  • 半田健・野呂文行(2016)通常の学級における時間内での連絡帳の書字行動に困難を呈する児童へのセルフモニタリングの適用. 障害科学研究, 40, 173-183.
  • 朝岡寛史・藤原あや・真名瀬陽平・野呂文行(2016)自閉症スペクトラム児に対する自己管理スキルの般化促進の可能性の検討-日常生活スキルの自発的遂行に焦点を当てて-. 障害科学研究, 40, 135-148.
  • 佐々木銀河・施燕秋・野呂文行(2016)知的障害を伴う広汎性発達障害児における箸操作のスキル般化に及ぼす身体的ダイドフェイディングの効果. 障害科学研究, 40, 43-53.
  • 平野礼子・佐々木銀河・野呂文行(2016)自閉スペクトラム症幼児に対するPECS使用に伴う音声表出に及ぼす影響の検討-通常のPECS指導と時間遅延・モーラリズムタッピングを併用した指導の比較-. 障害科学研究, 40, 15-28.
  • 岩本佳世・丹治敬之・野呂文行(2016)自閉スペクトラム症幼児に対する刺激等価性の枠組みを用いた感情語の指導-他者感情理解と自己感情表出への効果-. 障害科学研究, 40, 1-13.
  • Hong, E. R., Ganz, J. B., Neely, L., Boles, M., Gerow, S., & Davis, J. L. (2016) A meta-analytic review of family-implemented social and communication interventions for individuals with developmental disabilities. Review Journal of Autism and Developmental Disorders, 3(2), 125-136.
  • Neely, L., Rispoli, M., Gerow, S., & Hong, E. R. (2016) Preparing interventionists via telepractice in incidental teaching for children with autism. Journal of Behavioral Education, 25(4), 393-416.
  • Hong, E. R., Ganz, J. B., Neely, L., Gerow, S., & Ninci, J. (2016) A review of the quality of primary caregiver-implemented communication intervention research for children with ASD. Research in Autism Spectrum Disorders, 25, 122-136.
  • Neely, L. C., Ganz, J. B., Davis, J. L., Boles, M. B., Hong, E. R., Ninci, J., & Gilliland, W. D. (2016). Generalization and maintenance of functional living skills for individuals with autism spectrum disorder: A review and meta-analysis. Review Journal of Autism and Developmental Disorders, 3(1), 37-47.
  • Camargo, S. P. H., Rispoli, M., Ganz, J., Hong, E. R., Davis, H., & Mason, R. (2016). Behaviorally based interventions for teaching social interaction skills to children with ASD in inclusive settings: a meta-analysis. Journal of Behavioral Education, 25(2), 223-248.

【2015】

  • Okumura, M., & Sonoyama, S. (2015) Voice volume feedback and in vivo exposure intervention for a high school student with selective mutism. Journal of Special Education Research, 3(2), 55-64.
  • 佐々木銀河・奥村真衣子・野呂文行・園山繁樹(2015)自閉スペクトラム児に対する自己記録を用いた攻撃行動・自傷行動の低減-ルール支配行動の枠組みによる教示内容の分析-. 自閉症スペクトラム研究, 12(2), 13-22.
  • 藤原あや・園山繁樹(2015)自閉症スペクトラム児に対する社会的遊びの指導-遊びの条件がスキルの獲得と般化に及ぼす影響の検討-. 自閉症スペクトラム研究, 12(2), 33-43.
  • 丹治敬之・野呂文行・有路佳子(2015)ひらがな拗音の読みが困難な2事例に対する拗音読みの習得状況に応じた指導法の選択とその効果の検討. 行動療法研究, 41(3), 239-250.
  • 岩本佳世・野呂文行・加藤哲文(2015)感情表現レパートリー拡大に及ぼす表情画課題指導の効果ー通常学級における個別のニーズのある児童を対象にー. LD研究, 24(2), 254-263.
  • 半田健・野呂文行(2015)小学校における自閉症・情緒特別支援学級担任を対象としたソーシャルスキル指導に関する調査-A県内3市を対象とした調査から-. LD研究, 24(1), 120-132.
  • 真名瀬陽平・朝岡寛史・藤原あや・野呂文行(2015)自閉症スペクトラム児に対する説明文指導の検討: 説明文に書く内容と相手に報告する機能の2つに着目した指導方略を用いて. 自閉症スペクトラム研究, 12(2), 23-32.
  • 河南佐和呼・野呂文行(2015)自閉症スペクトラム児に対する報告行動成立の事例的検討-行動連鎖の確立に着目して-. 障害科学研究, 39, 141-150.
  • 朝岡寛史・真名瀬陽平・野呂文行(2015)アスペルガー障害が疑われる児童の空間視点取得に関する研究-他者視点方向への視点移動を促す教示の効果に着目して-. 障害科学研究, 39, 133-140.
  • 原口英之・野呂文行・神山努(2015)幼稚園における特別な配慮を要する子どもへの支援の実態と課題 : 障害の診断の有無による支援の比較. 障害科学研究, 39, 27-35.
  • Camargo, S. P. H., Rispoli, M., Ganz, J., Hong, E. R., Davis, H., & Mason, R. (2014). A review of the quality of behaviorally-based intervention research to improve social interaction skills of children with ASD in inclusive settings. Journal of Autism and Developmental Disorders, 44(9), 2096-2116.
  • Ganz, J. B., Hong, E. R., Gilliland, W., Morin, K., & Svenkerud, N. (2015). Comparison between visual scene displays and exchange-based communication in augmentative and alternative communication for children with ASD. Research in Autism Spectrum Disorders, 11, 27-41.
  • Hong, E. R., Neely, L., & Lund, E. M. (2015). Addressing bullying of students with autism: suggestions for families and educators. Intervention in school and clinic, 50(3), 157-162.
  • Ninci, J., Neely, L., Hong, E., Boles, M., Gilliland, W., Ganz, J., & Vannest, K. J. (2015). Meta-analysis of interventions to improve functional living skills for people with autism spectrum disorder. Review Journal of Autism and Developmental Disorders, 2, 184-198.
  • Hong, E. R., Ganz, J. B., Ninci, J., Neely, L., Gilliland, W., & Boles, M. (2015). An evaluation of the quality of research on evidence-based practices for daily living skills for individuals with autism spectrum disorder. Journal of autism and developmental disorders, 45(9), 2792-2815.

書籍

※準備中

学会発表

【2020】

  • 趙成河・園山繁樹(2020)場面緘黙に関連するアセスメント尺度の検討―事例研究を中心に―. 2019年度障害科学学会大会
  • 伊藤貴大・野呂文行(2020)ASD傾向のある知的障害児に対する幼稚園カリキュラムの適合研究. 2019年度障害科学学会大会
  • 朝岡寛史・池田 遥香・野呂文行(2020)自閉スペクトラム症児の排泄行動に対する保護者支援. 2019年度障害科学学会大会
  • 馬場千歳・藤本 夏美・小林千紗・野呂文行(2020)自閉スペクトラム症児に対する視写の指導. 2019年度障害科学学会大会
  • 李彩環・区潔萍・裴虹・柘植雅義・野呂文行・米田宏樹(2020)特別支援教育における教材教具の作成と活用に関する文献的研究. 2019年度障害科学学会大会
  • 裴虹・佐藤義竹・李彩環・区潔萍・柘植雅義・野呂文行・米田宏樹(2020)特別支援教育における教材・指導法の適用性に関する研究(Ⅰ)―中国長沙知的障害特別支援学校の実践結果による―. 2019年度障害科学学会大会

【2019】

  • 林詩穂里・真名瀬陽平・藤本夏美・野呂文行(2019)自閉スペクトラム症のある生徒への独語行動の減少を目指 した指導がスピーチを聞く行動に与える影響の検討:静かに聞くことの指導はスピーチの内容を保持することに つながるか. 日本特殊教育学会第57回年次大会
  • 永冨大舗・松尾祐希・宇留野哲・野呂文行(2019)自閉スペクトラム症児に対する疑問詞始発の指導と発話の変化. 日本特殊教育学会第57回年次大会
  • 馬場千歳・龔麗媛・野呂文行(2019)重度知的能力障害のあるASD児に対する動作模倣の指導:日常生活場面で使用する事物を用いた指導効果の検討. 日本特殊教育学会第57回年次大会
  • 藤本夏美・真名瀬陽平・青木康彦・野呂文行(2019)自閉スペクトラム症児における課題従事行動促進の既学習課題挿入手続きによる効果に関する検討―課題中の逸脱行動減少に着目して―. 日本特殊教育学会第57回年次大会
  • 岡村章司・井澤信三・大脇知子・式部陽子・若林上総・野呂文行(2019)学校現場における行動問題を示す自閉症児の保護者支援:効果的な教師研修プログラムの検討. 日本特殊教育学会第57回年次大会
  • 柳澤亜希子・棟方哲弥・金子道子・李熙馥・野呂文行(2019)自閉症・情緒障害特別支援学級における自閉症のある子どもの自立活動の指導の充実. 日本特殊教育学会第57回年次大会
  • 藤本夏美・野呂文行(2019)自閉スペクトラム症児における既学習課題挿入手続き―既学習課題で求められる反応型が標的課題の獲得に与える効果について―. 日本行動分析学会第37回年次大会
  • 馬場千歳・龔麗媛・野呂文行(2019)自閉スペクトラム症児に対する交互交代行動の指導. 日本行動分析学会第37回年次大会
  • 龔麗媛・馬場千歳・野呂文行(2019)重度知的障害が伴う自閉スペクトラム症児における物の名称理解の促進の検討―絵カードプロンプトと身体ガイダンスの比較―. 日本行動分析学会第37回年次大会
  • 宇留野哲・永冨大舗・松尾祐希・野呂文行(2019)ガイド付きメモによる自閉スペクトラム症児の教示に注意を向ける行動の促進. 日本行動分析学会第37回年次大会
  • 林詩穂里・真名瀬陽平・野呂文行(2019)機能的アセスメントに基づく支援方法の選択課題不従事と不適切な言語行動を示す自閉スペクトラム症のある児童への対応. 日本行動分析学会第37回年次大会
  • 馬場千歳・野呂文行(2019)ASD児における強化子の違いが多量課題数選択肢の選択に及ぼす効果の予備的検討. 2018年度障害科学学会大会
PAGE TOP